ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

豊田稔(北茨城市長)の出身高校・経歴・収賄で逮捕?

   

現在、北茨城市長を務める
豊田稔氏。

5選目を目指して市長選に
立候補しています。

スポンサードリンク

おもなプロフィール

豊田氏は1944年6月5日生まれ。

父は同市の元市長だった
故・豊田実氏。

同市の名誉市民となっており、
市役所ロビーに胸像も建っています。

親子二代に渡って北茨城市政を
治めているんですね。

東京都の私立京北高校を卒業。

日本大学文理学部に進みますが、
中退しています。

1981年から北茨城市議を務め、
1990年に同市市長に初当選。

のちに語っているところでは
父親が市長をしていたこともあって
高校生の頃から政治家を志していた
のだそうです。

現在、市長として4期目の任期中。

2011年の東日本大震災で同市は
津波により4名が死亡・1名が行方不明
という被害に見舞われ、県内最大の
被害を受けました。

豊田氏は市長として復旧活動を
陣頭指揮。

任期の4年間を震災復興に明け暮れた4年間
として振り返っています。

収賄事件で実刑

豊田氏は市長2期目の任期中、
市のゴルフ場開発をめぐる
汚職事件で逮捕。

実刑判決を受け服役しています。

この事件で豊田氏は業者から
現金約1億5000万円を受け取って
いたのだとか。

さすがに億単位のお金をもらっていた
となると実刑にもなりますね。

収賄容疑で逮捕・起訴されたことで
市長を辞任。

最高裁で懲役2年6ヶ月の判決を受け
服役しました。

しかし、最高裁まで粘ったんですね。

その後、刑期を終えたのち2007年の
市長選に再出馬し、返り咲きの当選。

実刑判決を受けて再び市長に戻るとは
なんともたくましい精神力ですね。

まぁ一番驚くのは北茨城市の有権者の
皆さんの選択なんですけどね。

市長選のゆくえは?

市長選には元市議で米穀肥料店
松本商店経営の松本健一郎氏が
無所属で立候補。

豊田氏との一騎打ちとなります。

松本氏も新人とはいえ、市議として
2期に渡り市政に関わった人物。

現職の豊田氏としてもなかなか
手強い相手ではないでしょうか。

豊田氏はこれまでの震災復興の実績を
強調していますが、松本氏はその実績を
「ハコモノ行政」として批判。

まぁ豊田氏の5期目というのも長すぎる気も
しますが市民の目にはどう映っているのか。

その評価が低ければ松本新市長の誕生という
こともありそうですね。

人口4万3000人、うち3万8000人あまりの
北茨城市の有権者は果たしてどのような
審判を下すのか。

5月31日(日)の投開票日に注目です。

スポンサードリンク

 - 市区町村長