ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

大滝平正・村上市長がパーキンソン病!次期市長は?

   

新潟県村上市の市長・大滝平正氏が
パーキンソン病のため辞職。

辞職に伴う市長選が6月28日に
行われる見通しとのこと。

スポンサードリンク

パーキンソン病とは?

パーキンソン病はいまだ原因不明の病気で
中脳のドーパミン性神経細胞の変性により
神経伝達物質であるドーパミンの産生が減少
することで発症します。

おもに手足の震え、筋肉のこわばり、
歩行障害などが見られ、10年ほどで
寝たきりになる患者もみられる
とのこと。

10万人に100人ほどの割合でみられ、
50歳以降で発症することが多いのだ
そうです。

現在のところ残念ながら根本的な治療方法
はなく、薬による対症療法しかありません。

一般的に言われるようにかなりの
難病なんですね。

大滝氏が市長を続けることを断念したのも
無理からぬところだったんでしょうね。

大滝氏の経歴について

大滝氏は山北町(現・村上市)の出身。

県立新発田商工高校を卒業後、
印刷会社に就職。

その後、1984年に山北町議会議員になり
1994年まで町議を務めます。

1999年に山北町長選に出馬し初当選。

町長を3期務めました。

2008年に周辺市町村が合併し、
新「村上市」が誕生。

同年行われた村上市長選に
出馬し、初当選。

2012年の市長選でも再選を果たし、
2期目の任期中でしたが今回、
病気療養のため辞職となりました。

次期村上市長は?

大滝氏の辞職に伴う同市の市長選が
6月28日投開票で行われる見通し
とのこと。

市長選には佐藤順氏(元村上市長)、
高橋邦芳氏(前村上市議会事務局長)、
姫路敏氏(同市議)、斎藤寿明氏
(元山北町議)の4名が立候補予定。

いずれも議会に関わってきた面々
ということで混戦となりそうですね。

佐藤順氏は旧・村上市の市長を1期だけ
務めており、2期目を目指すも落選、
2008年の合併に伴う市長選にも落選。

2016年に大滝氏の任期満了で行われる
はずだった市長選にも早々と立候補を
表明していました。

とにかく「市長になりたい」という
やる気だけはものすごく伝わってきますね。

現職の姫路敏市議も市長選出馬ということは
市議の補欠選挙も行われることに
なりますね。

果たして次期村上市長となるのは
誰なのか。

来月の市長選に注目しましょう。

スポンサードリンク

 - 市区町村長