ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

折田謙一郎の学歴・プロフィール・中之条町長だった

   

小渕恵三元首相や娘の小渕優子氏の秘書を
務めていた折田謙一郎氏。

2012年から群馬県中之条町の町長も
務めていました。

スポンサードリンク

おもなプロフィール

折田氏は中之条町の出身。

県立中之条高校から
県立農業大学校へ進学。

卒業後は群馬トヨペットに入社し、
営業職に従事。

その後、小渕恵三事務所に入り
1974年から秘書となります。

長らく秘書を務め、地元では“大番頭”と
呼ばれ、自民党県連を支えてきたのだ
そうです。

父の小渕元首相の死後は娘の優子氏の
私設秘書も務めました。

票の取りまとめや資金の管理などの実権を
握っており、県政を動かす人物とも目されて
いたそうです。

「県政界のドン」との異名も
あったのだとか。

これは相当な実力者だったことが
窺えますね。

2012年、中之条町長選に立候補し
無投票で当選。

秘書からついに政治家に
なったわけですね。

町長就任後すぐに岩手県宮古市から
震災のがれきの受け入れを開始。

2014年に小渕優子氏の政治団体で
収支報告書の問題が起こり、その責任を
取って折田氏は町長を辞任するわけですが、
このがれき受け入れについては非常に
評価できますね。

何かの利権が絡んでいたのかも
分かりませんけど、全国の市区町村で
できる最大の震災復興支援でしょう。

まぁただ、政治と金の問題で
政界を退いた事実は変わり
ませんけどね。

人物について

家族は奥さんがいるとのこと。

骨董品が趣味で刀剣や甲冑を収集。

それが高じて高崎市内に「夢幻堂」という
アンティークショップを開いているのだ
そうです。

「なんでも鑑定団」とか見ていると
刀剣なんかは高いものは相当な値段
しますよね。

まさか、政治資金が骨董品に変わっていた
なんてことはないでしょうね。

ほかにも以前カーディーラーだったことも
あってか、車が大好きなのだとか。

まさか、政治資金が車に変わっていた
なんてことはないでしょうね。

まぁ何でも勘繰るのは
よくないですね。

政治資金問題で在宅起訴

小渕優子氏の政治団体をめぐる
政治資金規正法違反事件でついに
在宅起訴された折田氏。

おそらく検察もデカい山と睨んで
鼻息荒くなっているのではない
でしょうか。

なんと言っても相手は群馬県の
政界を仕切る“ドン”。

まぁ小渕氏が火の粉を被らないように
折田氏自らすべての罪を背負ったという
事情もあるようですが。

ただ、確実に小渕氏の名声は地に落ち、
もはや国会議員の立場も揺るがしかねない
ほどの事態。

今後、事件がどのような展開を見せるのか
目が離せませんね。

スポンサードリンク

 - 市区町村長