ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

平野達男が岩手県知事選へ!出身校・プロフィールを紹介

   

参議院議員で元東日本大震災復興担当大臣
だった平野達男氏。

9月に行われる岩手県知事選への
出馬を表明しています。

スポンサードリンク

プロフィールについて

平野氏は岩手県北上市の出身。

お父さんは地元の製材所で働きながら
米も作っていた兼業農家で裕福な家庭
というわけでもなかったようです。

県立水沢高校から東京大学農学部
農業工学科へ進学。

卒業後は農林省(現・農水省)に入省。

東大から官僚とはまさに
エリート街道ですね。

在職中にアイオワ州立大学大学院に留学し、
修士号を取得しています。

同省では最終的に農村振興局の
設計課技術調査官を務め退職。

ちなみに調査官は課長・参事官クラスの
すぐ下の役職。

順調に出世していた
みたいですね。

退職した2001年、参院選に岩手県選挙区から
自由党公認で出馬し、初当選。

2003年に自由党と民主党が合併し、
民主党所属となります。

2007年の参院選でも再選。

2010年に参議院予算委員長、
同年、内閣府副大臣を歴任。

内閣府副大臣在任中に東日本大震災が発生し
岩手県選出の国会議員として震災対応に
あたりました。

そして、前任の松本龍氏の辞任に伴い
防災担当相・震災復興担当相に就任。

野田佳彦首相が退陣するまで
同職を務めました。

2013年の参院選では民主党に
離党届を提出し無所属で出馬。

ちなみに民主党はこの離党届を受理せず、
平野氏を除籍処分にしました。

当初、平野氏も民主党公認で出馬する意向
で、突然の離党宣言に衝撃を受けた
民主党内でも必死に慰留に努めました。

まぁ慰留が叶わなかったとはいえ、
除籍処分にするとは民主党も
了見狭いですね。

まぁ平野氏も民主党では勝てないと
見限ったということでしょうけど、
その決断が功を奏したのか、結果的に
5人いた候補者を破り平野氏が当選。

見事に民主党の泥舟から
脱出を果たした形になりました。

知事選のゆくえは?

平野氏は妻と一男・一女という
家族構成。

前出のとおり
世襲の議員ではありません。

知事選では現職の達増拓也氏も
3選目を目指して出馬表明しており、
これは一騎打ちという様相でしょうか。

復興担当相時代には被災した友人を
「バカ」呼ばわりしたり、原子力委員会の
専門委員・青山繁晴氏が原発の事故現場で
取材を行ったことに対して圧力をかける
などの問題もあった平野氏。

「ちょっと人として大丈夫か?」
と心配になりますが・・・。

岩手県知事選は8月20日告示、9月6日投開票
となっています。

果たして岩手県の有権者のみなさんは
誰を知事に選ぶのか、岩手県知事選に
注目ですね。

スポンサードリンク

 - 国会議員