ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

田中眞紀子は今?莫大な資産と子供との確執について

   

2012年の衆院選で落選した
田中眞紀子氏。

まだ国会議員やっていると思っていたら
いつの間にか落選していたんですね。

スポンサードリンク

今は何をしているの?

現在、夫で参議院議員の直紀氏が
社長を務める越後交通の会長職のほか
東京造形大学で客員教授も務めています。

2014年12月の衆院選への出馬を
民主党からも打診されたようですが、
出馬せず。

勝てない戦を避けた
というところでしょうか。

ただ、政界を引退したわけではないようで
政治活動は継続しており、民主党議員とも
連絡を取り合っているようです。

まぁ新潟では父・角栄氏の威光が
根強いですから情勢が変われば
またひょっこり政界に戻って
きそうですね。

莫大な資産を保有

父・角栄氏の死後、その遺産を
受け継いだ眞紀子氏。

その額、およそ800億円!

これはりっぱな“富豪”ですね。

目白の自宅や別荘、長岡市に所有する
土地などがその資産の内訳なのだそうです。

ただ、ふつうに相続すれば半分以上
相続税で持っていかれる計算ですが、
納税額は120億円ほどだったとのこと。

まるで魔法のようですが、経営する
複数の会社に分散して土地を保有し、
低評価の株価で相続するという
節税テクニックを駆使したのだとか。

長岡の土地は市内でも屈指の一等地で
田中家の資産の源泉になっている
とのこと。

ふんだんな金を持っていれば、
次にはやはり「絶大な権力」が
欲しくなるということで
“政治家”に固執するのかも
しれませんね。

結婚相手で確執!?

眞紀子氏には息子一人と娘二人の
3人の子供がいます。

息子の雄一郎氏は
公認会計士で税理士。

複数の会社で役員も務める
実業家の顔も持っています。

さらに中学から大学まで慶応という
言うことなしのエリート。

こんな跡取りがいれば田中家も安泰と
思いきや、雄一郎氏が大学の友人と
結婚したことで母・眞紀子氏は
大激怒。

眞紀子氏は地元の支援者の娘さんとの縁談を
進めたかったそうで、雄一郎氏の結婚相手が
サラリーマン家庭だったことも
気に入らなかったとのこと。

「家から出て行け」とまで言い放った
眞紀子氏と雄一郎氏は断絶状態
なのだそうです。

どう見ても息子の結婚相手にケチをつける
眞紀子氏が悪いように見えますけど。

こういう確執は簡単には
収まらないでしょうね。

さらには長女にも反対していた
眞紀子氏。

日本経済新聞社に勤めていた長女は
同期入社の男性と結婚し、夫の転勤に
伴って渡米。

しかし、1年ほどで離婚し帰国。

その理由がやはり眞紀子氏の猛反対に
あったのだとか。

その際にも元夫を「どこの馬の骨」
「財産目当て」などと言い放っていた
とのこと。

我が子かわいさからの親心なんでしょうけど
どう見ても過干渉でしょうね。

選挙では有権者に見放され、
家庭では子供との確執。

内憂外患の眞紀子氏が果たして再び
政界に打って出る日が来るのでしょうか。

その動静に今後も注目しましょう。

スポンサードリンク

 - 政治関係者