ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

今村岳司のプロフィール、嫁・子供はいるの?

   

兵庫県西宮市の市長を務める
今村岳司氏。

西宮市議から市長に転身し
現在、1期目の任期中です。

スポンサードリンク

被災経験から政治家へ

今村氏は地元・西宮市の出身。

県内でも屈指の進学校である
甲陽学院中学・高校を卒業。

京都大学法学部に進学します。

子供の頃から頭脳明晰だったんですね。

在学中、学習塾「浜学園」で
算数科講師をしていたこともある
そうです。

まぁ京大生なら適任でしょう。

1995年、4年生の頃に阪神・淡路大震災で
生家が全焼。

このときに自衛隊や消防士の救助活動を見て
感銘受けたことで、国や地域に尽くすために
政治家になろうと決意したのだそうです。

震災が人生のターニングポイント
だったんですね。

2年留年した後、大学を卒業し、
大手企業・リクルートへ就職。

求人広告の新規開拓などの仕事に
携わったとのこと。

1999年に同社を退社。

同年の西宮市議会議員選挙に
無所属で出馬し、弱冠26歳で
なんとトップ当選。

西宮市議を4期務めていますが、
うち3回がトップ当選とのこと。

人気もあるのかもしれませんが、
選挙活動も上手いんでしょうね。

そして、2014年の西宮市長選挙に出馬。

自民・民主・公明の推薦を受けた
現職の河野昌弘氏らを破り、初当選。

市議を4期務めた実績があるとはいえ、
40そこそこで現職の市長を破って
当選とは大したものです。

ちなみに西宮市長としては
戦後最年少(41歳)だったとのこと。

家族は持たない!?

過去に結婚して奥さんがいたそうですが、
2006年に離婚。

子供もいないそうです。

ブログで語っているところによれば
政治家として命を賭す覚悟があり、
家族を持てば命の危険に晒す恐れも
あるので、家族は持てないとのこと。

実際に大阪の橋本市長も「家族を殺す」
といった脅迫状が届いたことがある
そうですので、政治家というのは
並みの覚悟じゃできない職業
かもしれませんね。

偏向報道を批判

メディアによる偏向報道を
今村氏は強く批判。

これは全国ネットの番組で阪神大震災の
「借り上げ復興住宅」の返還期限をめぐり
住宅を返還することを市によって
「自宅を奪われる」といった表現で
報道したことに端を発しています。

実際には市側が住宅斡旋や
引っ越し費用の支給を行っており
一方的な「追い出し」ではないとのこと。

しかし、こうした事実は報道せずに
市側が「横暴に住宅を奪っている」
という報道内容。

これは今村氏の批判もさもありなん
というところですね。

さらにはテレビ取材を受ける際は、
市の広報課が立ち会い、
ビデオ撮影を行うと表明。

まぁマスコミがあることないこと書いて、
「言った」「言わない」みたいにならない
ためにもビデオは有効でしょう。

「報道機関への脅迫だ」などという
批判もあるようですが、そもそも報道は
事実を伝えるものですから、取材のビデオを
撮られて不都合なこともないと思いますが。

まだまだ論議を呼びそうな
今回の問題。

今村氏とマスコミの対立は早々に
解決するのは難しそうですね。

とりあえずマスコミにはありのままの事実を
捻じ曲げないで報道してもらいたい
ものですね。

スポンサードリンク

 - 市区町村長