ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

堀江廣海の経歴について・どこのお寺の住職?

   

セクハラ発言をしたことでニュースになった
福井市議会議員の堀江廣海氏。

なんと「僧侶」という肩書きを持っており、
それでセクハラ発言とはなんとも
呆れるばかりですね。

スポンサードリンク

僧侶・市職員から市議へ

堀江氏は福井市にある教覚寺という
寺院の住職でもあります。

市議になる前は市職員をしており、
企画財政部長、市収入役などを歴任。

市役所でも管理職まで
務めていたんですね。

2007年の福井市議選に
出馬し初当選。

2011年の市議選で再選。

32の定数で36人が
立候補した同選挙。

堀江氏は3800票以上を獲得し
8番目の得票数で当選しています。

かなり上位で
当選したんですね。

現在2期目を務めています。

セクハラ発言で選挙は大丈夫?

市営の福井競輪場で8月に開かれる
女子選手の競輪大会について、
市議会の経済企業委員会中に
堀江氏が「女子では集客力がない」
「裸で走れば」といった内容を発言。

発言後すぐに謝罪しましたが、
全国ニュースで報道されて
しまいました。

“号泣県議”以来、地方議員の言動に
厳しい目が向けられてはいますが、
それを抜きにしてもこの発言は
いただけませんね。

しかも、仏の道を説く僧侶でありながら
まさに“煩悩まみれ”の失言。

お寺の檀家さんも怒ってしまうのでは
ないでしょうか。

折りしも来月に市議選も控えている
大事な時期でもあります。

まさに人気を落としかねない
失態を演じてしまった形ですね。

特に女性票の流れが気になるところですが、
果たして堀江氏は来月の市議選に立候補し、
3選目を果たすのでしょうか?

福井市議会議員選挙は4月19日告示、
同月26日投開票となっています。

その動向に注目ですね。

スポンサードリンク

 - 地方議員