ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

園部一成の出身校・経歴・過去の不祥事は?

   

現在、大阪府門真市の市長を務める
園部一成氏。

2013年6月の市長選で再選され、
現在3期目を務めています。

スポンサードリンク

経営者から政界へ

園部氏は地元・大阪の出身。

有数の進学校である府立四條畷高校
(しじょうなわてこうこう)を卒業。

関西学院大学法学部に進学しています。

大学卒業後は証券会社に3年勤務した後、
医療機器メーカー・高園産業を創業。

大卒3年で起業して社長になるとは
よほどのコネがあったんでしょうか。

この高園産業は社名を変えて
株式会社タカゾノとして現在も
存続しています。

しかも従業員数690名で東京・名古屋・福岡
さらにはアメリカ・中国まで事務所を構える
かなり大きな会社に成長しています。

現在の社長が園部経夫となっており、
園部氏の息子さんなのではないかと
思われます。

株式会社タカゾノのホームページ

1987年の門真市議選に出馬し当選。

1期務めたのち、1991年の大阪府議選に
出馬し当選。

府議を4期務めました。

そして2005年の門真市長選に
出馬し初当選。

2013年に再選され、現在市長3期目を
務めています。

経営者から市議・府議・市長と、
順調にキャリアを積んできた印象ですね。

過去の不祥事について

門真市の再開発事業について市が
不動産会社に移転補償費29億円を
支払ったことが住民訴訟にまで
発展しています。

この問題は不動産会社2社が商業施設の
所有者から土地と建物を15億円で購入。

市が再開発事業にあたって、
この不動産会社に移転補償費29億円を
支払ったというもの。

なんで15億で買ったものが29億で
補償されるのか、ふつうの感覚では
おかしいですよね。

どうもこの不動産会社に市の職員が
天下りしていたり、昔から癒着があった
みたいですね。

住民訴訟まで起こされて、
園部氏の責任問題にも
なりそうですね。

また、前回の選挙前に
園部氏が有権者と宴会した際、
会費3000円で約8000円の料理が
出されていたことが発覚。

差額の5000円が有権者への寄付となれば
公選法に抵触します。

宴会自体は自民党門真支部が主催しており、
領収証は園部氏の政治団体名で
発行されていたとのこと。

自民党支部は政治資金収支報告書を
修正することで事態の収拾を
図るようですね。

しかしなんとも胡散臭い話。

会費以上の料理を振舞うことで、
暗に投票を促していたのではないかと
ふつうは思いますよね。

もし3000円で8000円の料理が出てくる
宴会があったらぜひ参加させてもらいたい
ものです。

まぁなにか裏があるだろうな
とは思いますが。

住民訴訟に宴会問題と、
なにやら前途多難な園部市政。

汚いことはなしにしてぜひ
任期までがんばってもらいたいですね。

スポンサードリンク

 - 市区町村長