ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

前葉泰幸が津市長に再選か!?これまでの経歴・給料は?

   

現在、三重県津市の市長を務める
前葉泰幸氏。

4月の市長選にも2選目をめざして
立候補を表明しています。

スポンサードリンク

官僚出身のエリート市長

前葉氏は地元・津市の出身。

県内でもトップクラスの
県立津高校を卒業。

その後、東京大学法学部へ進学し、
卒業後は自治省(現・総務省)に入省。

地元の進学校から東大、そして官僚へと、
エリート街道を歩んできたんですね。

2005年、宮城県に出向し総務部長を務めて
いましたが、同年の宮城県知事選に出馬。

前知事・浅野史郎氏に後継者として
指名されての選挙戦でしたが、
惜しくも次点で落選。

まぁやはり選挙ばかりは有力な支援者が
いようが計れないものですよね。

退省後は外資系のデクシア銀行東京支店の
副支店長などを務めていたそうです。

2011年、前市長の県知事選出馬に伴う
津市長選に民主党の支持を得て出馬。

4万4000票を獲得し、次点の候補に
4000票あまりの差をつけて初当選。

現在、1期目を務めています。

津市長の年収は?

データによると津市長は
月収101万円弱。

12ヶ月で掛けると1212万円。

3か月分のボーナスを加算すれば
1500万円弱。

一自治体の長ともなると秘書などの
人件費や諸経費もかかるでしょうから、
すべてが懐に入ることではないでしょう。

ただ、ほかの自治体を見ると月収90万円台や
80万円台の市長もいるみたいですね。

節約しようと思えばできる部分もある
ということなのではないでしょうか。

ちなみに最少の給与額は
50万円で名古屋市長。

あの河村たかし氏ですね。

どうなる?津市長選

4月19日告示、同月26日投開票の
津市長選。

今のところ立候補を表明しているのは
前葉氏のみ。

共産党も候補者擁立を検討している
とのこと。

しかし、自民・民主・維新までもが
前葉氏を推薦するとのことで、
再選に向けてすでに磐石な模様。

こういうのもなんですが、
共産党の候補者だけということなら
無投票での再選と同じような
ものですよね。

まだ告示日まで日がありますので
分かりませんが、果たしてどんな
顔ぶれが並ぶのか。

津市長選に注目しましょう。

スポンサードリンク

 - 市区町村長