ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

奥山恵美子のプロフィール・家族・年収はいくら?

   

現在、仙台市長を務めている
奥山恵美子氏。

仙台市というと選挙管理委員会が票を水増し
していた問題で最近悪目立ちしています。

スポンサードリンク

経歴ではなかなかの才女

奥山氏は秋田県秋田市生まれ。

父親が国家公務員だったこともあり
北海道から北陸まで転勤続きだった
のだそうです。

奥山氏も最初の秋田県立秋田高校から
高校2年生のときに岩手県立盛岡第一高校
へ転入しています。

2校とも県内トップの高校ですね。

高校卒業後は東北大学経済学部へ進学。

卒業後は仙台市役所へ就職しています。

市役所では女性企画課長、市民局次長、
教育長などを歴任。

これだけ出世したということは、
相当優秀だったということでしょうね。

2009年、民主・社民の推薦を受けて
仙台市長選挙に出馬し、当選。

2013年の市長選でも再選され、
現在2期目を務めています。

このときの選挙は共産党候補者との
一騎打ちでしたので、実質的には
無投票みたいなものでしょうね。

プライベートでは旦那さんと息子さん
娘さんが一人ずついらっしゃるそうです。

仙台市長の年収は?

公開されている2013年の奥山氏の年収は
1634万円。

政令指定都市の市長の年収は
平均1800万円弱だそうですので、
少々少なめですね。

じつは仙台市では復興財源に充てるために
市長の給与を20%削減しているとのこと。

大変殊勝な取り組みをなさっていますね。

票水増し問題で進退は?

昨年12月の衆院選で集計ミスを隠蔽するため
仙台市青葉区選挙管理委員会が架空の白票を
加えていた問題。

過去10年に遡って調査するとさらに
3件のミスが発覚。

加えて10年保存すべき書類を4件
破棄していた事実も判明。

これは公正に行われるべき選挙に
あるまじき不正行為。

奥山氏は記者会見で謝罪。

最初の水増し問題については
市が公選法違反で刑事告発
しています。

いずれも当落には影響がなかったとはいえ、
ただの「ミス」では済まされない大問題。

民主主義への冒涜ですね。

奥山氏が会見の中でも述べていますが、
こういう不正処理がおそらくは
常態化していたんでしょうね。

しかし、選挙管理委員会ってそんな適当に
票を集計して許されていたんですね。

もしかすると全国の選管で同じようなことが
行われているのではないかという疑念も
湧きます。

全国ニュースで報じられ、大きな波紋を
呼んでいるこの問題。

奥山氏の市長としての進退まで
問われかねない大問題といっても
過言ではないでしょう。

今のところ会見の中でも自身の進退について
奥山氏は明言していません。

ともあれまずはこの問題の経緯と責任を
明確にして今後公正な選挙が行われるように
改善していってもらいたいものです。

スポンサードリンク

 - 市区町村長