ニッポン政治の知りたいところ

報道されない政治に関わるニュースをピックアップしてお届けします!

菊池一俊が那珂市長に!?出身校・家族構成・経歴を紹介

   

2月1日に投開票が行われる
茨城県那珂市長選。

現職の海野徹氏のほかに立候補しているのが
無所属新人の菊池一俊氏。

スポンサードリンク

異色の経歴

菊池氏は茨城県常陸太田市の出身。

お父さんは日立製作所に勤めていた
そうです。

茨城県立日立工業高校を卒業していますが、
経済的な事情で大学には進学せず。

高校には主席で入学したそうですが、
在学中さまざまなアルバイトに明け暮れ、
卒業時には学年最下位だったそうです。

あまり自慢できるような話では
ないですね。

お父さんは自分と同じ日立製作所への就職を
望んでいたそうですが、別の会社に就職。

その後、職を転々とし、茨城に戻って
養蜂業・農業を始め、移動販売業
「ハチバス」を起業します。

起業後は「イバラキネオ屋台村」を
立ち上げたり、「みとワン☆グランプリ」
を開催するといった活動に従事。

東日本大震災の際には炊き出しをしたり、
那珂市の上菅谷駅前の街づくりを推進する
「カミスガプロジェクト」を設立。

一般社団法人「カミスガプロジェクト」の
代表として現在活動しています。

プライベートでは奥さんがいらっしゃる
そうですが、お子さんはいないようです。

市長交代なるか?

那珂市長選に立候補しているのは
菊池氏のほかに現職の海野徹氏。

現職と新人の一騎打ちですね。

海野氏は前回の市長選で
那珂市議から市長に転身。

現職の市長を破っての
当選でした。

今回の市長選で2選目を
めざしています。

今回の選挙の結果は
この4年間の海野市政の評価とも
言えるでしょうね。

その海野氏と選挙戦を
戦っている菊池氏。

これまで政治の経験はなし。

経歴からすると地域活動に
非常に熱心なようですが、
それと政治的な手腕は別問題。

公約では観光客誘致による
地域活性化を掲げていますが、
果たして那珂市の有権者は
どう感じているのか。

一方で海野氏は震災復興の
これまで実績を強調。

厳しい財政運営の対策なども
明示しています。

前回の市長選では1万2000票を獲得し、
現職の小宅近昭氏に2000票あまりの
差をつけて当選。

果たして2月1日の投開票日に
どんな結果となるのか。

那珂市長選の結果に注目です。

スポンサードリンク

 - 市区町村長